本文へスキップ

楽しいガーデンを提案する My Garden



マリーゴールドprofile

マリーゴールドとは

活動報告写真

科名  :キク科 属名 :コウオウソウ属
学名  :Tagetes
別名  :センジュギク(千寿菊)
原産地 :中米(メキシコが中心) 種類 :一年草
草丈  :20cm〜1.5m   
開花時期:6月〜10月
難易度 :普通2       用途 :鉢植え 
                  露地植え 

花言葉 :「嫉妬」「絶望」「悲しみ」
      黄色  「健康」
      オレンジ「予言」

耐寒性 :やや弱い


特徴

 

主に春にタネをまき、夏〜秋に花を楽しみ、冬前には枯れる一年草です。花色は黄色、オレンジ、赤など暖色系が多いですが、珍しいものでは白やクリーム色の花も知られています。品種によっては 暑さで株が弱って真夏に花が咲き止むこともありますが、初夏〜秋花壇向きの比較的育てやすい草花です。タネも大きめで扱いやすいです。

一重、八重、カーネーション咲き、クラウン咲きなどの花姿(咲き方)があり、花色と花姿の組み合わせで実に多彩な品種があります。草丈は20cm程度に収まるものから2mを超すものまで様々です。葉は切れ込みが深く、鳥の羽のようなかたちをしています。

学名のタゲテス(Tagetes)は美の女神タゲスに由来し、花の美しさを形容したものでしょう。マリーゴールドは「聖母マリアの黄金」の意。マリーゴールドの名前は元々、キク科でも別属の植物「キンセンカ(カレンデュラ)」に対する呼び名でした。日本には江戸時代前半に渡来したと言われています。

 花名のマリーゴールドは、「聖母マリアの黄金の花」という意味で、これは年に何度もある聖母マリアの祭日にいつもマリーゴールドが咲いていたことに由来しているそうです。


マリーゴールドの育て方

ヤサシイ園芸を参考にしています。


ガーデン アイテム

活動報告写真

レンガ


わんこのマイ ガーデン